留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

ブログ引っ越しました

こちらのDTIブログサービスが無くなるため、このブログは下記のように引っ越しました。

新ブログ名:留学カウンセラー・国際教育事業者向け情報ブログ

新URL: http://ryugakuth.blog.fc2.com/


リンクやRSSなどの設定の変更お願いします。

内向き志向の誤解と 留学指導要領の必要性

11月号の月刊「高校教育」(学事出版)という高校の校長先生や教師向けの定期刊行雑誌に、私のインタビュー記事が掲載された。



タイトルは「 内向き志向の誤解と留学指導要領の必要性」



私なりに高校教育の現場の方たちに問題提起をさせていただいた。
今回はその記事の全文を紹介したいと思う。


> > ##タイトル
> > 内向き志向の誤解と留学指導要領の必要性
> >
> > ##プロフィール
> > 日本認定留学カウンセラー協会
> > 代表幹事
> > 星野達彦氏
> >
> > 1960年生まれ。1986年から留学事業のキャリアを積み、1万人以上の留学実現をサポートしてきた。大学・政府関連機関主催の留学イベントなどでの講演もこなす。近著に「英語はアジアで学べばうまくいく」がある
> >
前文
> > グローバルに活躍できる人材の育成が叫
> > ばれる一方で、若者の内向き志向が指摘さ
> > れている。文部科学省の発表によれば、日
> > 本から海外への留学者数は2004年の8
> > 万2945人をピークに、最新のデータ(
> > 2010年)では5万8060人と下降の
> > 一途を辿っている。

> > しかし、留学カウンセラーとして、これ
> > まで1万人以上の若者の留学をサポートし
> > てきた星野達彦氏は「若者は内向きではな
> > い」「教員が阻害しているケースもある」
> > と話す。
> >
> > ##本文
> >
> > 若者は「外向き」になっている
> >
> > 星野 まず始めに、マスコミ報道などによ
> > り、若者は内向きになっていると思われが
> > ちですが、その元となっているデータにつ
> > いて話させてください。

> > ――元となっているのは、毎年2月に文部
> > 科学省が発表する「『日本人の海外留学者
> > 数』及び『外国人留学生在籍状況調査』に
> > ついて」ですね。日本から海外への留学者
> > 数が減っていることから、「若者が内向き
> > 志向になっている」とメディアを通し伝え
> > られています。

> > 星野 この調査はOECD等の統計を文部
> > 科学省が集計したものですが、今年発表さ
> > れたものは、2010年の統計を集計した
> > ものです。現状をきちんと伝えているとは
> > 言い難い。

> > また、留学者の定義が「正規過程に属す
> > る者」などに限られているため、短期での
> > 語学留学などが含まれておりません。この
> > 調査結果だけを見て、「若者が内向きにな
> > っている」と考えるのは早計です。

> > ――複数の留学支援会社などの顧問をされ
> > ていますが、現場からはどんな声が上がっ
> > ていますか?

> > 星野 内向きとは逆の声です。大学生と、
> > 中高生の短期留学については、どの会社に
> > 行っても増えていると言います。なぜ増え
> > ているかと言えば、やはり企業の変化でし
> > ょう。英語を社内公用語化する企業が出て
> > きたり、外国人を積極的に採用する企業が
> > 増えてきたり、海外進出なしには成長が止
> > まってしまう――そうしたメッセージが、
> > 若者、その親世代に、確実に伝わっている
> > 結果だと思います。

> > 実際、文部科学省とは逆の調査結果もあり
> > ます。JASSO(独立行政法人日本学生
> > 支援機構)の調査では、学校が把握してい
> > る範囲ですが、大学間協定などに基づかな
> > い短期の私費留学なども「留学生」として
> > カウントしており、より実態に近いと言え
> > ます。

> > ――確かに調査結果(平成23年度協定等に
> > 基づく日本人学生留学状況調査結果)を見
> > れば、5年前の同調査の2万3633人か
> > ら3万6656人と増えています。地域別
> > に見ると、アジアが2倍近い1万1688
> > 人まで増えています。

> > 星野 はい。かつては英語留学と言えば、
> > 欧米中心でしたが、今は変わりました。経
> > 済の中心が欧米からアジアへ移ろうとして
> > いるいま、アジアへ留学し、そこで経験を
> > 積むことは、就職や転職といったキャリア
> > に非常に有効なものとなります。私は18
> > 86年から留学カウンセラーの仕事を始め
> > 、この26年間で世界各国の語学学校約60
> > 0校を見てきました。いまはコスト面など
> > でもお得なアジア留学を勧めています。
> >
> > 「留学指導要領」が必要
> >
> > ――アジア留学の優位性は、星野さんの著
> > 書「英語はアジアで学べばうまくいく」に
> > 書かれていますね。だけど実際は、まだま
> > だアジア留学と言っても、アジアのどこが
> > 英語圏なのか、それさえ知られていないの
> > が現実ではないでしょうか?

> > 星野 アジア留学に限らず、欧米留学に関
> > する最低限の知識も持っている人は一握り
> > です。特に学校の先生のなかに、そうした
> > 知識を持った人がいないことに危機感を感
> > じます。中高生の場合、「留学したい!」
> > と思ったときにまず相談する相手は先生だ
> > からです。ネガティブな反応をする先生も
> > 少なくありません。

> > ――ネガティブな反応とは?
> > 星野 実際に多いのが、留学したいという
> > 生徒に対し、「そんなこと考えないで、受
> > 験勉強をして、日本の大学に行きなさい。
> > そして、日本の大学のプログラムを通し留
> > 学に行きなさい」というものです。

> > しかし、高校を卒業して海外の大学に進学
> > にするのと、日本の大学に籍を置いたまま
> > 短期留学するのとでは、得られる世界観が
> > まったく異なります。結果として、若者の
> > 成長の芽を摘むことになってしまう。先生
> > たちも留学の相談をされたときに、最低限
> > の知識がないといけません。

> > ――最低限の知識とは何でしょう?

> > 星野 一口に留学と言っても、語学留学と
> > 進学の違い。留学先の各国の特徴――いま
> > なら欧米だけではなく、アジアにも目を向
> > ける必要があります。時代とともに留学の
> > デスティネーションも変わっているため、
> > 留学経験のある先生が過去の経験だけで話
> > すことにも危うさを感じます。

> > ――とはいえ、留学経験さえない先生が多
> > いのが実情ではないでしょうか?

> > 星野 そこで僕らみたいな留学カウンセラ
> > ーの知識、経験が役立つのではないかと思
> > っています。どこの学校に行っても保険の
> > 先生はいますよね。病気になればそこに行
> > きます。

> > だったら同じように、留学に行きたいと
> > なったとき、相談するプロが必要なのでは
> > ないでしょうか。大学に行ったとしても、
> > 国際交流センターなどに必ず留学のプロがいる
> > わけではありません。英語も話せな
> > い、ただジョブローテーションで回ってき
> > た職員が担当している場合があるのが現状です。

> > ――若者が内向きだなんて言う前に、彼ら
> > を支援していく対策が必要ですね。

> > 星野 はい。ただ、JAOS(一般社団法
> > 人海外留学協議会)が、プロの留学カウン
> > セラーを学校に派遣する取り組みを行って
> > いますが、ほとんど要請はないようです。
> > 対策とともに、先生たちの意識を変えてい
> > く必要があります。グローバル化が叫ばれ
> > るなか、生徒から留学相談をされたときに
> > 「知らない」ではすみません。

> > 私は学習指導要領の「留学版」が必要だ
> > と思っています。すなわち「留学指導要領」
> > です。留学に関する情報はもちろん、グロ
> > ーバル化した時代の採用がどう変わってき
> > ているかなどの情報も必要でしょう。我々
> > の業界から有志を募って作っていけないか
> > 、本気で考えているところです。








学校パンフレットから読み取れること

この10月で留学業界経験28年目となった。

この間、いったいどのぐらいの学校のパンフレットを読んだだろうか?
まさに数えきれないほどの種類の学校のパンフレットに目を通した。

10月は、多くの学校のパンフレットが送られてくる。
今の流れは9月にロンドンで行われるStudy Worldというフェアに間に合わせるタイミングで、翌年度の新パンフレットを用意する学校が大半だ。

そしてその後のこの時期に、実際パンフレットが送られてくるわけだ。



パンフレットから読み取れること

・英語学校のトレンド(施設やプログラムなど)
・学校の経営やマーケティングの力の入れ具合
・学生目線の有無
・留学エージェント目線の有無
・メインの対象マーケット
・どのマーケットに力を入れているのか?(大学生、ジュニア、社会人?)

などなどいろいろある。

また同じ学校のパンフレットを何年にもわたって見ていると、定点観測のように、学校の様々な方針などの変遷が分かって面白い。

このようにパンフレットを長年にわたって読んでいると、どんなパンフレットがマーケットに訴求するのか、エージェントに使ってもらえるのか、どんな情報をどのように載せると見やすいのかなどがわかり大変勉強になる。

私が現在、留学事業コンサルタントとして、学校などのコンサルをする時にも、この経験やスキルが役立っている。

皆さんも是非、パンフレットをよく読んで、いろいろ勉強してほしい。






JAOS海外留学協議会の事務局長に就任しました

留学業界団体である一般社団法人JAOS海外留学協議会は20年の歴史を持つ団体で、日本における留学業界の健全な発展のために、日本政府や在日海外政府関係機関、教育機関などと連携を取り様々な活動をしてきました。
詳しくはサイトを参照してください

私はJAOSの設立準備段階から20年以上もかかわりを続けてきて、評議委員や下部組織の日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)の代表幹事を行ってきました。

そして、今回、JAOSの事務局長の任を受けることになりました

ここ数年、グローバル化の流れで、国、大学、企業などが積極的に海外留学の支援をしていることもあり、留学する若者が増加傾向にあります。

そんな中で、皆さんが安心して留学できる環境づくりと、情報提供などをJAOSとして、より積極的に進めていきたいと思っています。




JAOS前身の連絡協議会の時代の集まり



JAOS20周年のフォーラム@ホテルオークラ


【お知らせとお尋ね】
先日、このブログサイトを運営するDTIから、年内でのサービス終了の通知が届きました。
ということでちかじかブログの引っ越しをしないといけなくなりました。
そこでお聞きしたいのですが、どのブログサービスを利用すべきでしょうか?
皆さんでここが一番というところがあれば教えてください。

よろしくお願いします。





これは使える!Education UKの新サイト

先日、英国のBritish CouncilのニューズレターでEducation UKのサイトが新しくなったことを知った。

確認したら確かにだいぶパワーアップしていて、留学カウンセラーは利用価値大のサイトだ。下記、ポイントを挙げておく。

1.Settle in
留学生活が始まってからの学生が英国の生活にうまく適応できるように、様々なアドバイスや、役に立つサービスやサイトなどを紹介してくれている。

2.Top tips to make the most of their time as a student in the UK
前述のSettle in も含め、英国での留学生活を成功に導く様々なTipsが紹介されている。出発前のオリエンテーションなどで使えるネタも満載だ。

3.Find your UK education
どのような目的の場合、政府機関に認定を受けているどんな学校があるのか。
またsummary of the UK’s qualification levelsなど役立つ情報へのリンクが掲載されている。

4.applying for scholarships
留学希望者からの問い合わせの多い、英国の奨学金についての質問が来たら、このページを参考にしよう。

5.Student visas
ここ数年、コロコロ制度や方針が変わり、あまり評判がよくない英国のビザポリシーだが、であればなおさら留学カウンセラーは最新情報を知らないといけない。このページで常に最新ビザ情報を入手してほしい。

この他にEducation UKのFacebookもあるので、いいねを押しておくと最新情報が自分のFBのウォールにプッシュで表示されるので便利だ。

是非これらを活用してほしい。









アジア英語留学の実際のお勧めパターンの紹介と就職について

6月に「英語はアジアで学べばうまくいく」を出版したこともあり、JBプレスのインタビューを受けた。

そのインタビューが2つの記事になった。

1.「就職力」を高めるアジア留学のススメ

2.現地の生活体験も役に立つアジア留学のススメ
 
  以下のあげる5つのケースについて解説をしている。

ケース1:就活力をつけたい大学生の大学休学留学プラン

ケース2:なるべく安く、休暇中に短期留学したい大学生向け留学プラン

ケース3:1週間で集中的に英語力を上げたい社会人向け留学プラン

ケース4:転職前に英語力とアジア経験を積みたい社会人向け留学プラン

ケース5:インドでアジアで勝ち抜く力と英語力をつけるための留学プラン

詳しい内容はこちら>>>


アジア留学に興味がある方は是非記事を読んでみてほしい。



 | HOME |  »

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks