留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

アジア英語留学の本Amazonで予約受付開始です

私の2冊目の本「英語はアジアで学べばうまくいく」の発売が25日以降順次書店で行われると前回紹介しましたが、何とAmazonではすでに予約を受け付けてくれてます



当初Amazonでの販売開始は一般書店より遅れるかもしれないとのことでしたが、そうでもないようですね。

是非ご利用ください。

以下、前回と同様本の内容を再度紹介しておきます。


アメリカよりだんぜん安い
イギリスよりはるかに近い
日本でやるよりムダが無い

アジア英語留学の超入門書

どうしても気になる疑問の答えから、
絶対成功ノウハウまでを完全紹介。

英語を話すための
意外な「近道」が
ココにある。



Contents
---------------------
目次
第1章 アジアにしかない新しいスタイル
01 欧米の半額でできる都市型留学
02 たった1週間で英語力が劇的に伸びる! マンツーマン超短期留学
03 スタンフォード大学へのステップ? リンク留学
04 美しさと語学力を磨く! インド英語留学
05 世界中の人と話せるようになる! 英語と中国語のダブル留学

第2章 アジアで英語? 気になる疑問
01 訛りはうつらない?
02 TOEICテスト学習に留学は必要?
03 3か月でTOEICスコアを300点上げたHさん
04 アジア英語留学で、グローバル人材になれる?
05 アジアならどこでも留学できる?
06 ネイティブ講師はいないの?
07 留学先の治安は大丈夫?
08 結局アジアと欧米、どっちがいいの?

第3章 これだけは知っておきたいアジアの国のこと
01 「スカイプ英会話」からわかるフィリピンのこと
02 家を出ないフィリピン人
03 トイレットペーパーがないインド、マレーシア
04 インドで絶対してはいけないこと
05 神様は見ている
06 家庭料理を好むインド人外食を好むシンガポール人
07 「ポイ捨て」で罰金30万円? シンガポール流 綺麗な街の作り方

第4章 アジアのリアルなライフライン
01 インドのミネラルウォーターは水道水?
02 タクシーで移動すべき国がある
03 日本語を話せるアジアのお医者さん
04 スマホ+電話は現地調達する
05 アジアのお天気

第5章 100%ハズさない! フィリピン語学学校の選び方
01 基本を知る
02 超格安はアヤシイと知る
03 最高級といえるロケーションを選ぶ
04 広さが一番大事
05 政府認定校かどうか
06 日本人スタッフは必須

第6章 カオスを感動に変えるインド語学学校の選び方
01 基本を知る
02 「なんでそうなるの?」を感動に変える
03 インドで「美」を考える
04 次世代のビジネススキル! インド英語を身につける
05 自分ではなく、誰かのための留学にする

第7章 世界に通じる「教養」を得るためのマレーシア語学学校の選び方
01 基本を知る
02 海外大学受験の準備留学にする
03 次世代の英語教師になる
04 世界のキャンパスライフを謳歌する

第8章 コストパフォーマンスを圧倒的に高くするシンガポール語学学校の選び方
01 基本を知る
02 マルチ言語留学にする
03 未来の日本人英語? シングリッシュを学ぶ

第9章 留学のROIを最大化する事前の英語学習
01 「忘れ物」になりがちな出発前の英語学習
02 留学前が最も学習意欲がわく「ゾーン」
03 英語学習の戦略をたてる
04 まず、英単語
05 英単語のLEVELは「iKnow!」で上げる
06 文法はシンプルに復習する
07 スピーキングは口の英語発話筋肉を「軽く」鍛えておこう
08 リーディングは趣味の英語雑誌で楽しく学ぶ

資料 学校紹介
---------------------


是非、読んで感想を教えてください。
皆さんからの感想を楽しみにしています。

【発売日決定】私のアジア英語留学の解説本

前回紹介した私の2冊目の本は、アジア英語留学の本です。

ただ多くの人に読んでもらえるように、内容も読みやすくしタイトルも「英語もアジアで学べばうまくいく」になっています。



その待望の本の発売日が決まりました。

6月25日以降順次発売です。

全ての書店で一斉発売とはいかないようです。大手の書店はだいたい25日に出るでしょうとのことです。

ここでキャッチと見出しを紹介します。


アメリカよりだんぜん安い
イギリスよりはるかに近い
日本でやるよりムダが無い

アジア英語留学の超入門書

どうしても気になる疑問の答えから、
絶対成功ノウハウまでを完全紹介。

英語を話すための
意外な「近道」が
ココにある。



Contents
---------------------
目次
第1章 アジアにしかない新しいスタイル
01 欧米の半額でできる都市型留学
02 たった1週間で英語力が劇的に伸びる! マンツーマン超短期留学
03 スタンフォード大学へのステップ? リンク留学
04 美しさと語学力を磨く! インド英語留学
05 世界中の人と話せるようになる! 英語と中国語のダブル留学

第2章 アジアで英語? 気になる疑問
01 訛りはうつらない?
02 TOEICテスト学習に留学は必要?
03 3か月でTOEICスコアを300点上げたHさん
04 アジア英語留学で、グローバル人材になれる?
05 アジアならどこでも留学できる?
06 ネイティブ講師はいないの?
07 留学先の治安は大丈夫?
08 結局アジアと欧米、どっちがいいの?

第3章 これだけは知っておきたいアジアの国のこと
01 「スカイプ英会話」からわかるフィリピンのこと
02 家を出ないフィリピン人
03 トイレットペーパーがないインド、マレーシア
04 インドで絶対してはいけないこと
05 神様は見ている
06 家庭料理を好むインド人外食を好むシンガポール人
07 「ポイ捨て」で罰金30万円? シンガポール流 綺麗な街の作り方

第4章 アジアのリアルなライフライン
01 インドのミネラルウォーターは水道水?
02 タクシーで移動すべき国がある
03 日本語を話せるアジアのお医者さん
04 スマホ+電話は現地調達する
05 アジアのお天気

第5章 100%ハズさない! フィリピン語学学校の選び方
01 基本を知る
02 超格安はアヤシイと知る
03 最高級といえるロケーションを選ぶ
04 広さが一番大事
05 政府認定校かどうか
06 日本人スタッフは必須

第6章 カオスを感動に変えるインド語学学校の選び方
01 基本を知る
02 「なんでそうなるの?」を感動に変える
03 インドで「美」を考える
04 次世代のビジネススキル! インド英語を身につける
05 自分ではなく、誰かのための留学にする

第7章 世界に通じる「教養」を得るためのマレーシア語学学校の選び方
01 基本を知る
02 海外大学受験の準備留学にする
03 次世代の英語教師になる
04 世界のキャンパスライフを謳歌する

第8章 コストパフォーマンスを圧倒的に高くするシンガポール語学学校の選び方
01 基本を知る
02 マルチ言語留学にする
03 未来の日本人英語? シングリッシュを学ぶ

第9章 留学のROIを最大化する事前の英語学習
01 「忘れ物」になりがちな出発前の英語学習
02 留学前が最も学習意欲がわく「ゾーン」
03 英語学習の戦略をたてる
04 まず、英単語
05 英単語のLEVELは「iKnow!」で上げる
06 文法はシンプルに復習する
07 スピーキングは口の英語発話筋肉を「軽く」鍛えておこう
08 リーディングは趣味の英語雑誌で楽しく学ぶ

資料 学校紹介
---------------------


是非、読んで感想を教えてください。
皆さんからの感想を楽しみにしています。







ハーバードと日本の大学生による、日本の高校生向けサマー・スクールに参加してきました。

以前このブログでも紹介したハーバードと日本の大学生による、日本の高校生のためのサマー・スクールが先週土曜日(8月20日)に始まった。

この企画のアドバイザーの黒川教授の取り計らいで開会式は政策研究大学院大学で行われた。

ハーバードの学生20人、日本の大学生約30人、そして250通以上の参加申請者から日本語と英語のエッセー審査で選ばれた日本の高校生80人が集まった。

運営側の代表としてハーバード3年生の小林君の挨拶のあと、ハーバードの学生の代表、日本の高校生の代表からの挨拶があり、次に、この企画をずっと応援してきたAGOS代表の横山さんの歓迎のメッセージ、そして黒川先生の若者を覚醒させるような素晴らしい講演など、盛りだくさんであった。

小林君挨拶
運営事務局代表ハーバード小林君の英語の挨拶

AGOS横山代表スピーチ
この企画のアドバイザーのAGOS横山代表のWelcomeスピーチ


政策研究大学院大学教授でこの企画のアドバイザーの黒川教授の講演


歓喜爆発で盛り上がる会場

翌日から、ハーバードの学生による様々なトピックの授業、そしてユニクロの柳井さん、ローソンの新浪さん、ハーバードビジネススクールの竹内教授、脳科学者の茂木先生など豪華ゲストスピーカーによるレクチャーなど約1週間にわたり毎日非常に密度の濃いサマー・スクールが行われる。

1日を締めくくるのは彼らの宿泊先の旅館の広場で行われる社会人とのインタラクティブセッション。夕食後、就寝までの時間をつかって社会人と自由に話せる場だ。

私も火曜日(8月23日)に参加して高校生たちと話してきた。
当日はハーバードビジネススクールの日本リサーチセンター長の佐藤さん、慶応大学法学部教授の駒村先生、ハーバードの竹内教授、AGOS横山さんと私の5人が別々に車座になって、高校生とお話をした。

恋愛や人生論の話が出たところもあったようだが、私のところはやはり留学の相談が多かった。
帰国子女や有名校の高校の生徒が多いが、このサマースクールをきっかけに真剣に進路を日本以外でと考えるようになったという声も多かった。

「本当にこのままでいいのだろうか?」「世界の舞台で活躍できる人材になりたい」という気持ちを持つ純粋な高校生と話をすることができて、自分のやっている留学という仕事を振り返ることができ、こちら側も元気をもらった気がする。

このサマースクールの締めとして、8月27日土曜日にハーバードや一橋、東大など日米大学の卒業生や在校生による、日本の高校生向けのカレッジフェアが開催される。入場無料で一般の方も参加できるので、是非進路を検討中の高校生に告知してあげてほしい。

■カレッジフェア情報

日米の大学計20校が集まり、大学ごとにテーブルが出されますので、ご自由に卒業生や、大学によっては現役学部生と直接お話頂けます。またシンポジウムにも参加いただけます。開催時間内であれば、いつでもお越し頂けます。参加無料です。


日時: 2011年8月27日(土)14:00〜18:00

場所: 政策研究大学院大学(東京・六本木)


参加大学(在校生や卒業生による参加):

(米国) 
Bryn Mawr College, Harvard University, Princeton University, Rice University, Smith College, UCLA (University of California, Los Angeles), Wellesley College, Yale University, 米国大使館

(日本)
東京大学、一橋大学、慶応大学、お茶の水大学、国際基督教大学、上智大学、中央大学、横浜国立大学

-シンポジウム

シンポジウム? 14:15〜 大学教育とは
    講演者 松本 健様 グルーバンクロフト基金

シンポジウム? 15:30〜 高校と大学について
    講演者 柳沢 校長 開成学園高等学校

シンポジウム? 16:45〜 米国の情報発信

問合せはメールは info■laborders.org
までご連絡ください。(■を@に変更してください。)

このサマースクールについての詳細はこちら>>>

海外からのエール「上を向いて歩こう」

日本を愛してくれているアメリカ人ジャズシンガーが心をこめて歌ってくれています。

本当に心を動かされました。
海外からこのように心のこもったエールを送ってもらえることは幸せですね。

自分たち日本人がこれらのエールに応えなければ!
頑張りましょう!



グローバル人材採用 7割超の企業が国籍関係なし

人材紹介サービスを提供するジェイ エイ シー リクルートメントのグローバル人材採用に関するアンケート調査によると「グローバル化に対応する企業の約7割が、日本人、外国人という国籍にかかわらず人材採用を行っている」ということだ。

就職活動のライバルも今や日本人だけでなく海外からの留学生や、現地採用の外国人などにも広がっているということだろう。

少子化などで内需がどんどんシュリンクする国内マーケットだけを、企業もターゲットにはできず、これからもっと多くの企業が本格的に海外マーケットに打って出るので、グローバル人材のニーズも益々あがってくる。

そういう流れの中で、留学を考える若者も増えてくるはずだ。
留学すればグローバル人材に必ずなれるというわけではないが、留学は確実に企業が求める異文化適応能力、英語でのコミュニケーション能力、ストレス耐性などをアップさせるとてもいい機会になる。

日本の将来のためにも、世界の舞台で活躍できる人材がどんどん育ってほしいものだ。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking





NHK「若者よ世界で学ぼう〜国際化から取り残される日本人」

先日のブログで「新日本成長戦略」の中で2020年までに日本からの海外留学生の数を30万人にするという計画があることを書いた。

7月20日にNHKの「時事公論」で放映された「若者よ世界で学ぼう〜国際化から取り残される日本人」で、最近減少傾向の海外留学についての理由の分析、海外留学の意義、そして政府の「新成長戦略」の30万人送り出し計画に触れている。

非常によくまとまっていて、留学希望者、留学カウンセラーには是非下記のNHK解説委員室のブログを読んでほしい。

NHK解説委員室のブログはこちら>>>





記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




 | HOME |  »

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks