留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

アジア英語留学の実際のお勧めパターンの紹介と就職について

6月に「英語はアジアで学べばうまくいく」を出版したこともあり、JBプレスのインタビューを受けた。

そのインタビューが2つの記事になった。

1.「就職力」を高めるアジア留学のススメ

2.現地の生活体験も役に立つアジア留学のススメ
 
  以下のあげる5つのケースについて解説をしている。

ケース1:就活力をつけたい大学生の大学休学留学プラン

ケース2:なるべく安く、休暇中に短期留学したい大学生向け留学プラン

ケース3:1週間で集中的に英語力を上げたい社会人向け留学プラン

ケース4:転職前に英語力とアジア経験を積みたい社会人向け留学プラン

ケース5:インドでアジアで勝ち抜く力と英語力をつけるための留学プラン

詳しい内容はこちら>>>


アジア留学に興味がある方は是非記事を読んでみてほしい。



アジア英語留学のセミナーを行います

私が代表幹事を務める日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)のイベント委員会の要請を受けて、「欧米とは一味違う!アジア英語留学の基礎知識」というセミナーの講師を下記のように行うことになりました。

JACSAC主催イベントですが、どなたでも参加可能です。

【日時】2013年9月26日(木)19:00?20:30

【会場】JAOS海外留学協議会
東京都新宿区神楽坂6-46 ローベル神楽坂7階
地図→http://www.jaos.or.jp/contact/index.html

【参加費】JACSAC正会員(JAOS認定留学カウンセラー)=無料
アソシエイト会員=500円 一般=1,000円

【定員】10名(定員になりしだい、締め切らせて頂きます。)

【締切】2013年9月25日(水)

6月に私が出した「英語はアジアで学べばうまくいく』(秀和システム刊)の内容を踏まえつつ、その後の最新情報を加えた内容にしたいと思ってます。
特にフィリピンに関しては、セミナーの直前まで現地に出張予定があるので、出張で得た現状なども話したいと思ってます。

一応、本セミナーでは

●英語留学のパラダイムシフト
●革命的な新しい留学スタイル
●アジア留学で英語が話せるようになる理由
・・・など


著書内では語りつくせなかったアジア英語留学の実情までお話しするということになってます。

興味がある方は是非参加してみてください。


【申込方法】お申込はコチラから
申し込みフォーム>>>




南アフリカで英語を学び動物の世話のボランティア

毎日多くの学校から私宛に売り込みの情報が届くが、今回はその中でも目を引いたプログラムを紹介したい。

南アフリカのケープタウンにあるGOOD HOPE STUDIESという英語学校のプログラムで英語を勉強した後にボランティアで動物の世話をする。

ボランティアをする施設は以下の3つから選べる。

・Domestic Animal Rescue(Cape Town) 家畜の世話一般

・Coastal Lion Park ライオンの世話

・Garden Elephant Route  象の世話

それぞれ2週間か4週間の期間ボランティアができ、修了書も発行される。


ライオンパークのボランティアのビデオ




学校についてはFacebookページを見てほしい。>>>








アジア英語留学の解説本ついに出ます

思えば今年の元旦から書き始めたアジア英語留学の本がやっと書店に並ぶことになりました。今月中に並ぶ予定です。明確な日程が決まり次第お知らせします。

当初、アジア英語留学ハンドブックというようなタイトルの、しっかりとした解説本を考えていました。そして元旦から初めに企画書にあったようにアジア留学とキャリアなどに関しての内容を一生懸命に執筆していました。

ある程度原稿ができた段階で、再度出版社の編集者と原稿の内容を見ながら話した結果、書籍の方向性を大幅に変えることになりました。

アジア英語留学ハンドブックだと、「留学」というニッチな市場の、そのまたニッチな「アジア留学」に興味を持つ人だけの超ニッチな本になってしまいます。

当初からわかっていたことでしたが、再考した結果、もっとマスに読んでもらえる内容にしようということになりました

初めは横書きだった原稿も、読みやすくするために縦書きにしました。
ページ数も学校データを入れても200ページちょっとにしてあります。

その結果、硬めの原稿はすべて捨て、残った原稿も少しソフトにするとともに、本のタイトルも「留学」を前面に押し出すのではなく、「英語」を前に出すように変えました。

その結果決まった下記のタイトルにはなんと「留学」の文字が入っていません。

「英語はアジアで学べばうまくいく」

もちろん英語留学は英語習得だけのためのものではなく、異文化体験やアジアでの刺激的な生活などキャリアにも効く様々な要素もありますが、そのあたりについてはミニマムに出して、そのかわりに紹介国の面白い習慣やプログラム情報、留学前の英語学習法などを入れています。

とにかく今まで留学を考えていなかった人にも手にとって読んでもらいたいという一心で内容、タイトル、本のカバーを考えています。

発売日が確定したらお知らせしますね。是非読んでみてください。









写真で見るマルタの英語学校の魅力4リゾート型学校

今回はマルタ学校紹介最終回。

リゾートホテル型学校のSprachcaffe。

とにかく訪れてみてびっくりした。これ本当に学校なの?

Sprachcaffeはヨーロッパ生まれの面白い学校のチェーンで、英国などでディスコやクラブがあるようなホテルなどを買収して、英語学校にしている。最近はあの日本のGEOSのアメリカ校を買収した。

マルタはその路線のコンセプトのリゾートホテル型の英語学校。

住居も併設する学校の様子

まるでホテル




学生の殆どはヨーロッパ人で、この時期はティーンが多かった。
彼らは余裕というか、ビーチで寛ぎながら留学(?)生活を満喫していた。

こんなところでヨーロッパバケーションを楽しみながら英語の勉強をするというのもいいかもしれない。


もう一つはもう少し一般ホテルに近いClubclassという学校。




4回にわたって紹介したマルタの学校だが、極めてヨーロッパ的だが、イギリスより2割以上は費用が安く済み、治安もいい。
今後、マルタへ留学に行く日本人も増えてくるだろう。






写真で見るマルタの英語学校の魅力3エグゼクティブコースもある学校

今回はマルタ学校特集3回目。

前回紹介したECと同様規模の大きな学校だがECと違いマルタだけに学校を持つ
ESEという学校を紹介する。

ESEの学校施設



この学校は一般学生用にはESEという学校名(ブランド)、そしてエグゼクティブ用にはETIという学校名を使っている。ビルは同じビルだが、それぞれ利用する場所が違い、エグゼクティブ用のスペースはラウンジや教室のいすや机、ソファーなど全て高級にしてある。



世界の様々学校協会に加盟している。ESEの施設



マルタの街の様子




次回はマルタならではのリゾートホテル版英語学校を紹介する。






 | HOME |  »

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks