留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

留学と就職

先週、NPO法人JAOS海外留学協議会が「留学と就職〜キャリアデザインに活かす留学〜」と言うタイトルでセミナーを開催した。パネルディスカッション形式で行われたこのセミナーには留学エージェントや大使館職員や大学関係者など約100名が参加した。

パネラーは、官民産学のお話をバランスよく聞けるように以下の面々にお願いした。

パネラー
 経産省 経済産業政策局産業人材政策室室長補佐 中原廣道氏
 JAFSA事務局長 高田幸詩朗氏
 (株)毎日コミュニケーションズ就職情報事業部事業推進部 部長 栗田卓也氏
 日産自動車株式会社 IPプロモーション部 部長 曽根公毅氏

経産省の中原氏からは「企業のグローバル化が進む中で、企業における人材マネージメント国際化。外国人活用も含め、グローバルな感性も持った人材のニーズが高まっていく。」と言う見解が述べられ、経産省で取り組んでいる「産学人育成パートナーシップ」の取り組みなどが紹介された。

JAFSAの高田氏からは、現在の日本の大学の国際交流部署の仕事の大部分は送り出しでは無く、海外からの留学生の受け入になっている点と、送り出した日本人留学生の帰国後の就職に関してまで、情報をトラッキングして、留学がその学生の就職活動にどんなインパクトを与えているのかを、把握している大学が殆どないと言う問題点を指摘してくれた。

日産の曽根氏からは、1999年以降ゴーン氏がCEOに就任して以来、いかに日産がグローバル化して、ダイバーシティをレバレッジして業績アップに繋げる仕組みを構築していったかという非常に興味深いお話を聞かせてくれた。このテーマはまた後日皆さんにこのブログで紹介したいと思う。

毎コミの栗田氏からは、留学生の就職活動の問題点や採用企業側の捉え方などを、アンケートなどの結果を踏まえお話いただいた。

総括してみると
・日本社会や企業のグローバル化は今後避けられない
・そのグローバルな社会や起業の中においては、留学することで経験や獲得しやすい、語学力を含むコミュニケーション能力、積極性、主体性などがプラスに働く
・だが留学したから就職に有利だとか不利だと言う単純なものではない
・なぜ留学したか、どんな留学をしたか、留学で何を得たかが重要
・留学前の情報提供やガイダンスが重要

JAOSのセミナーから話は変わるが、先週、私が中心になりグローバルパートナーズ留学サポートセンターで新ブランドのサイトを立ち上げた。
Global Career Gate
というサイトで、世界で通用するキャリアスキルの取得サポートをテーマにしたサイトだ。
GCG

このサイトの中で下記の4つの商品郡の商品を紹介している。
海外インターンシップ
・キャリア留学

語学力&コミュニケーション能力アップの留学
国内教育

これらをテーマにした専門サイトは、今まで存在しなかったので、世界に通用する日本人を増やすためにも、是非このサイトをどんどん充実させて有名にしていきたいと思う。

国際公務員になるには

この仕事をしていると、たまに将来国際機関で働きたいと言う相談を受けることがある。

ある程度の知識はあったが、今回私の古巣でもあるAGOSであったセミナー「国際機関の仕事と留学の意義 」でIMF(国際通貨基金)で人事オフィサーの仕事をしている女性が詳しく、そのあたりの説明をしてくれている。

また就職活動に対してのアドバイスもあり、それはどんな企業にも通用するものなので参考になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
就職活動のKeyword

・専門的な能力
・職務経験(途上国経験など)
・学位
・語学力
・コニュニケーション力
・ネットワーキング力(誰を知っているではなく、知られていることが重要)
・履歴書・面接
・ダイバーシティ
・タイミング

どれかが1つあればよいという絶対的なものはありません。常にこれらのコンビネーションを柔軟に考えてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロータリー財団やフルブライトの奨学金を受けての大学院留学やDCでのインターン体験などもあり、留学カウンセラーにはとてもためになる内容になっている。
是非、レポートを読んでみてほしい。

【イベント名】国際機関の仕事と留学の意義

ビジターラッシュと情報収集

毎年春の連休明けとこの季節は、海外の学校からの訪問者が毎日オフィスを訪れる。さながらビジターラッシュのようだ。

先週もアメリカの大学、オーストラリア、カナダの語学学校、インドの専門学校など、様々な国の学校代表者と話をした。

やはり一番の話題は、先日倒産したゲートウェイの問題と、今後の日本の留学マーケットの動向である。中にはゲートウェイからの学生を受け入れているところもあり、その学校が被害にあった学生をどう扱うのかや、同地域のほかの学校の対応などについても色々情報をくれる。

こちらもこの事件のメディアや社会での取り上げ方の状況を説明したり、その影響について話したりしている。

私は海外からの訪問者が来た時にはなるべく日本だけではなく世界の留学業界の動向を聞くようにしている。

以前紹介したスペイン政府の奨学金の問題、最近留学ブームのトルコについて、大幅なディスカウントがまかり通っているブラジルマーケット、今まで元気だった韓国がこのウォンの大暴落で今後どのようになっていくのか、などなど興味は尽きない。

世界の動きを知って、今後のマーケットや学校の動きを占うことが大切だと思っている。

私も自分が知る日本マーケットの動向や、各学校の動きなどの情報を提供している。やはり情報はきちんとアウトプットをしているところに集まるものだと思っている。

ゲートウェイ21事件へのJAOS海外留学協議会の対応

ゲートウェイ21倒産のニュースが明るみになってから、JAOSでは連日遅くまで対応を協議していた。この度、正式に対応が決まったのでこのブログでも紹介したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゲートウェイ21社事件へのJAOS海外留学協議会の対応について

今回のゲートウェイ21社(以下、GW社という)事件について、JAOSでは以下の被害者支援策を実施いたします。GW社はJAOS会員ではありませんが、業界団体として業界の社会的な責任をまっとうするためにもこれらを実施するものです。したがって現段階では極めて限定的な支援策でしかないことを予めお断り申しあげます。

1)JAOSでは、FELCAおよびGAELAを通じて各国の教育機関に対して、また日本国内の各国政府系教育担当機関に対して、GW社事件被害者への支援を強く要請しています。
特に、既に現地に滞在している被害者については、一定期間の在留・在籍についての保護ならびに留学を継続する場合についての支援を依頼しています。

2)今後の出発予定者(留学者であり費用を支払済みの方々)の方々で、新たに入学手続きを希望する方については、学費の値引きを含む処置を当該校に依頼する支援を行ないます。
なお、GW社に申し込んだものの現地受入校への入学手続きがなされていない(したがって学校側では当該申込者のデータが無い)ケースが多く見られることから、これらについては学校側の要請によりGW社申込み者であることの照合作業を代行します。

3)JAOSでは、上記の第2項に該当する方を対象として、会員のボランティアによる無料相談会を予定しています。これは、希望者による学校への入学手続きを支援することを目的としており、留学手続き代行契約を目的とする相談会ではありません。
相談会では、必要に応じて上記第2項にある照合作業を行い、指定の標準申込み書類の提供(一部の学校では使用できません)、受入校に対しての学費値引きの依頼手続き受付けなどを行ないます。
 *予約制といたします。事前にJAOS事務局jimukyoku@jaos.gr.jpにメールで、氏名、申込学校名、申込みコース・内容、留学時期・期間を明記のうえお問合せください。
 *当日は、上記項目が記載されたGW社の発行による書類(申込み確認書、領収書など)をご持参ください。これらがお手元にない場合は、GW社の代理人または管財人の発行になるこれらに準じた書類をご持参ください。
 *予め指定された各国学校協会の会員校以外に関しては、ご相談を承れない場合がありあます。
 *GW社との紛争については一切関与しません。代理人または管財人にお問合せください。
 *旅行契約上の一般相談についてはGW社が正会員であったJATAにお問合せください。

以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
業界団体として、まずは被害にあった方の救済をこのような形で、できる限り行って行きたいと思う。

やはり異常な会社ゲートウェイ21

昨日からゲートウェイ21の債権者説明会の様子が多くのTV番組に取り上げられている。社長の土下座や債権者の罵声の映像は本当にショッキングだ。

そんな中、業界仲間のNさんが、債権者説明会の様子をレポートしてくれた。なんと彼は説明会に参加して、写真付で9ページのレポートをまとめてくれた。

ここでは敢えて、いかにゲートウェイ21が異常な会社であったかを示す、様々な事実だけをお伝えしようと思う。他の留学エージェントを含む普通の会社ならこんなことはしないでしょう。

ゲートウェイ21の異常さ
・取締役や監査役が辞任したのに2年間も登記簿変更をせず放置していた
・パークハイアットのスポーツクラブを社員の福利厚生施設にしていた
・毎月の経費は8000万(!)
・会社が大変な時に韓国のファンドとM&Aの話をしていた
・倒産の理由は支店開設などではなく「海外送金」と言っている←お客様から預かった留学費用を送金するのは当たり前では?

などなど、本当にあきれるような実態だ。

あるTVで元某有名英会話教材会社のトップセールスマンだった、福井社長の作った、留学カウンセラー向け特製セールスマニュアルを入手して、「凄くよくできていて、うちのアナウンサーの研修に使いたいぐらい」とコメントしていたが、話術だけがよくても、実態がこれでは、留学に夢を持って申込んだ人たちが本当に気の毒である。

そんな中、留学先の学校も含め留学業界も被害者救済に動き出している。前回と同様、今日もいい話を一つ。

今日、うちのオフィスにカナダの学校からマーケティング担当者が訪れた。当然、ゲートウェイの話になったのだが、なんと彼女の学校では現在10人以上のゲートウェイの学生が在籍していて、その殆どが期間終了までの授業料が支払われていないとのことだった。

彼女の学校は、これら10人以上の学生に特別に申込期間分授業を受けていい措置を決定したと言っていた。

JAOSでも学校に対して要望していくが、このような学校が増えてくれることを祈っている。

ゲートウェイ21倒産の影響

前回このブログで書いた「危ない留学エージェント(=ゲートウェイ21)」が倒産した。こうなることは予想はしていたが、まさかこれほどの負債を抱えていたとは思わなかった。

金額が大きく、被害者が内外で1000人以上いるということで、メディアの取り扱いもとても大きい。新聞はもちろんテレビでも取り上げられている。

実は今日、TBSテレビの方からメールで取材を受けたのだが、なんと先程、報道ステーションでこの問題を取り上げていた。

今週に入って、私たちの職場にも影響が出てきている。ゲートウェイに申込んで出発前だった方からの切実な相談、以前からうちで相談にのっている方から「そちらは本当に大丈夫?」との問い合わせなど、数件入ってきている。

JAOS
も臨時理事会を開き、早速Webで声明文を出した。

残念ながら、これで私たち留学エージェントの信頼感は相当毀損されることになるだろう。より恐ろしいことに、留学そのものに行こうと考える人が減ってしまうかもしれない。

業界でも最悪の評判だった、馬鹿な1社のせいで、志を持って一生懸命頑張っている優良な会社まで被害をこうむり、留学の素晴らしい体験をしたいと思う人が減ってしまうかもしれないと言うことは本当に悲しいことだ。

そんな中、シドニーにある学校から、ほっとするニュースが届いた。罪の無い留学希望者をどうにか救済しようと努力してくれる、このような学校があることを思うと、自分達もこの逆境にめげず頑張らねばと思う。

ちょっと長くなるが、学校の許可を得たので、以下そのニュースを引用する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は昨日の朝一番で、G社のニュースを知りました。
楽しみにしていた留学計画が暗転してしまった人や、
現地で不安に駆られている学生さんも多いときき、本当に残念に思っ
ています。

私共の学校としては、今回の件は直接影響がなかったため、
「たいへんだな〜〜」と思いつつも、ポカポカの春の日の午後、半分
意識朦朧としながら仕事してました。
そこへ目が覚めるような日本からの電話が一本。

「私、11月からそちらに入学することになっているはずなのです
が、G社から申し込みました。
お金も全部払いました。私の名前はありますか?」

学生ビザを取って勉強する予定で準備をされていたそうですが、
G社への申し込みも支払いも、4ヵ月以上前に終えられているのにも
関わらず、
なんと私共の学校へは一切申し込みが入っていませんでした。

ご本人はある程度覚悟はされていたようですが、当然非常にショック
を受けておられました。
私も一生懸命励ましましたが、どんなに留学を楽しみにしていたか、
シドニーに来たかったか、UECに来たかったか、
お話を伺っていくうちにもらい泣きしそうになってしまいました。
お申し込みすら入っていないため、私共でできる事は何もなく、思い
続く限りのアドバイスをして電話を終えました。

当然上司やオーナーに報告。被害金額が大きい事、申し込みすら入っ
ていない事に、皆とても驚いていました。
「かわいそうだねえ・・・・」と私の報告をきいていたオーナー、
「その学生、そんなにUECに来たかったの?」
「もちろん!ウェブサイト見て、自分で学校を決めてから手続きして
もらったそうです。」
「そっか、じゃあ、来てもらおう!」

という訳で、私もびっくりしたのですが、この学生さんには予定通り
の期間受講してもらう事で、
学校から全期間の特別スカラシップをオファーすることになりまし
た。

さっき電話でその事をご本人にお伝えしました。
もちろんびっくり&喜んでおられ、またまたもらい泣きしそうになり
ました。
たった一人ですが、UECを選んでくれた学生さんの力になれてよ
かったです。
Global Village Sydney (Universal English College)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-10 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks