留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

オバマ大統領の「中国留学10万人計画」

先日11月15日から18日までオバマ米大統領が中国を公式訪問した際、胡錦濤中国国家主席と首脳会談を行い17日に共同声明を発表した。

その中で両国の留学交流のことが出ていたので詳しく声明の内容を調べてみた。

曰く「人的交流促進のため、アメリカはさらに多くの中国人留学生を受け入れ、今後4年間で中国に10万人の留学生を送る。」とあった。

中国留学をしているアメリカ人は現在1万3千人なので、この4年間で約8倍の10万人にするというのはすごいことである。よほどアメリカ政府が国内で奨学金を出すなど大きな旗を振らないと実現しないだろう。

一方、現在アメリカ国内にいる中国人留学生は約10万人(前年度比21%)で、この声明にあるようにその数をもっと増やすことが両国首脳間で確認されたわけだ。

現在アメリカ内でインド人留学生の数が1番多いが、中国がそれを抜く日は近いかもしれない。




記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




世界一の留学生送り出し大国【中国】

オーストラリアの教育関連機関IDPによると2009年は約35万人の中国人が海外の大学で学んでいて、2025年にはその数がなんと64万人を超えると予測されている。

現在英国の大学にいる総留学生の1/4は既に中国人になっているとのことだ。

経済発展が著しい
世界中から投資が集まる
海外で教育を受けて英語ができる人材が成功する機会が多い
世界の輸出大国になっている
人口も多い

などなど留学生が増える様々な要因があると考えられるが、この一点をとっても今後益々グローバル社会における中国の存在感が増していくことが予想される。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking



世界の語学留学生の動向

今月9日に東京国際フォーラムにて一般社団法人JAOS海外留学協議会主催のセミナーが行われた。

テーマは「世界の語学留学生の動向」
JAOS FELCA Survey


以前このブログでも今回の世界的な留学動向サーベイのことについて触れたが、今回のセミナーはその結果についてのものである。

JAOS会長でもありFELCA会長でもある山田勝氏が世界留学事業者団体連合会FELCA(本部ロンドン、加盟約1000社)と、世界の国別語学学校協会の集合体であるGAELA (Global Alliance of Education and Language Associations 加盟約2000校)が連携して行なった「世界の語学留学生の動向」調査結果を発表した。

この調査は、FELCA加盟の世界各国の留学エージェンシー、GAELA加盟の世界の語学学校が参加して行われた、世界規模での史上初のサーベイとなった。

受け入れ学校側(GAELA加盟校)の動向
・2009年上半期に対前年同時期ベースで学生数が減っている学校と増やしている学校の割合は約3割でほぼ同率

・その中でアイルランドとマルタの学校は学生を減らしている率がとても高い

・2009年の下半期についての予測は、Positiveと答えた学校がNegativeと答えた学校より10%近く多い

・南アフリカやオーストラリアの学校はPositiveと答えた割合が高かった

・上半期で受け入れた学生の中で多い国1位は韓国、2位はサウジアラビア、3位は中国

・同時期に学生数が減った国1位は日本、2位は韓国、3位は台湾
*韓国からの学生が増えた学校も多かったが減った学校も多いということか?


留学エージェント側(FELCA加盟団体所属のエージェント)の動向
・2009年上半期に対前年同時期ベースで取扱い数が減っているエージェントが増やしているエージェントより15%も多い

・日本の参加エージェント10社は100%減らしていると回答(!)

・2009年の下半期についての予測は、Positiveと答えたエージェントがNegativeと答えたエージェントの倍近くいる

・日本のエージェントは8割がたNegativeと回答

この統計を見ても、かつての留学生送り出し大国であった日本の世界でのプレゼンスが、大きく減少してきていることがわかる。この仕事に携わるものとしてとても残念なことだ。

今回の調査結果は、初の試みであることから、調査項目やサンプル数などの事情により、市場動向を詳細に反映しているとは断言できないが、世界の語学留学の動向を俯瞰できるデータとして、日本で留学支援に携わる方たちに大いにご参考になった。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




留学生受け入れで5800億円の経済効果in Canada

カナダ政府は2008年度における、受け入れ留学生の経済効果はmore than CAN$6.5 billion(現在のレートで約5850億円)以上というレポートを発表した。

この規模の経済効果って凄い!

日本政府も30万人の留学生を受け入れる活動を本格化しているが、もっとこのような経済的な側面も考慮して、経産省や観光庁も一体となって受け入れ戦略を練っていく必要があると思う。

現状の日本の受け入れ計画はどうも大学を中心とした受け入ればかりにフォーカスされていて、日本語学校や専修学校などに対しての受け入れはあまり考えられていない節がある。

どの国でもそうであるが、まずは語学留学人口を増やすことが、留学生を増やすことの王道である。

Visit Japanキャンペーンもいいが、是非Study Japanキャンペーンも行ってほしい。

ーーー以下 Your Worldの関連記事ーーーーー

International students boost Canada’s economy
International students in Canada contributed more than CAN$6.5 billion (US$??) to the Canadian economy in 2008, according to a report commissioned by the government.

The report’s findings were released last week at a meeting of the Association of Universities and Colleges of Canada and mark the first time that research has been done to gauge the economic impact of international students in Canada. Stockwell Day, Minister of International Trade and Minister for the Asia-Pacific Gateway, said, “International students provide a significant boost to Canada’s economy. Their presence helps create thousands of jobs and generates billions in revenue. Our government will continue its efforts to promote Canada as the destination of choice for international students by enhancing outreach efforts at our missions around the world.”




記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking





 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks