留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

日米首脳会談で話し合われた留学・交流

APECTにあわせ11月13日に行われた日米首脳会談で日米交流強化について話し合われた。

先日この記事でも紹介したルース駐日大使の日本人の米国留学を支援する声明を首脳レベルでも確認する内容になっている。

管総理からオバマ大統領に下記のような意向が伝えられた。
以下は外務省のファクト・シート掲載文

−ー−ーー−−−−−−−−−−−−−−−−

(1)日本人若手教員等の米国派遣

* 日本人若手英語教員の米国派遣
* 日本人若手日本語教員の米国派遣
* 日本語教育インターンの米国派遣

(2)その他各種事業

<教育の連携>
* 日米を含む大学間連携や学生の双方向交流の推進

<日本研究・日本語教育>
* 日本語でのイマージョン教育などへの支援
* 米国高等教育機関における日本語講座の開設・拡充及び日本研究の促進

<知的交流>
* 日米を含む先端科学技術分野の戦略的な国際協力及び若手研究者派遣の推進
* 米国のシンクタンクとの交流強化
* 米国のアジア研究専門家招聘

<草の根交流>
* 米国大学生のための短期訪日研修支援
* 桜寄贈百周年行事開催

<文化芸術交流>
* 平和や環境等について芸術を通じて日本の価値観を発信
* 米国の有力な美術館における本格的な近現代美術展開催

2. 米国への日本人留学生数が減少していることへの懸念を示し,本件についてより一層集中して取り組んでいく意思を表明し,

3. これまでの日米間の様々な取り組みの中でも,特に,JET(Japan Exchange and Teaching)プログラム,日米文化教育交流会議,フルブライト奨学金事業がこれまで果たしてきた役割の重要性を確認し,今後も引き続き積極的に活用していく意思を表明し,引き続き日米交流強化に資する施策を模索していく旨締めくくった。

−ー−ーー−−−−−−−−−−−−−−−−

今後の日本人の留学促進を考える時、この日米両首脳がこのテーマを話し合い、2つの見解を公式に認めた意義は大きい。
すまわち
?米国の日本人留学生の数が激減していることへの懸念
?今後、留学を含めた両国の交流を真剣に促進していくとの声明

ここのところの国内グローバル人材育成機運の高まりもあり、少しずつ留学が増加してくる流れにありそうだ。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking







グローバル人材採用 7割超の企業が国籍関係なし

人材紹介サービスを提供するジェイ エイ シー リクルートメントのグローバル人材採用に関するアンケート調査によると「グローバル化に対応する企業の約7割が、日本人、外国人という国籍にかかわらず人材採用を行っている」ということだ。

就職活動のライバルも今や日本人だけでなく海外からの留学生や、現地採用の外国人などにも広がっているということだろう。

少子化などで内需がどんどんシュリンクする国内マーケットだけを、企業もターゲットにはできず、これからもっと多くの企業が本格的に海外マーケットに打って出るので、グローバル人材のニーズも益々あがってくる。

そういう流れの中で、留学を考える若者も増えてくるはずだ。
留学すればグローバル人材に必ずなれるというわけではないが、留学は確実に企業が求める異文化適応能力、英語でのコミュニケーション能力、ストレス耐性などをアップさせるとてもいい機会になる。

日本の将来のためにも、世界の舞台で活躍できる人材がどんどん育ってほしいものだ。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking





ベトナムで始まった留学ブーム

日本でここ数年減少傾向の海外留学を尻目に、ベトナムでは留学ブームが起こっているとのことだ。

SankeiBizによると「留学希望者が急速に増加し、年間におよそ6万人が国外の学校へと飛び立つ。留学先で人気のある国は米国、オーストラリア、英国、日本、シンガポールなどだ。」

実際、アメリカのIIEの2009年の統計を見ても、ベトナムは9番目に多くの学生(12,823人)が米国に留学していて、前年と比較すると46.2%も学生数が増加している。
日本は5番目で学生数は29,264人だが、前年より13.9%も減少している。

日本も80年代後半の円高とバブルで留学生も飛躍的に増加したように、このところ経済が発展して、富裕層が増えているベトナムも、私費留学生が増えているとのことだ。

国民1人あたりのGDPで見ると、ベトナムより裕福なタイ、インドネシア、マレーシアよりアメリカ留学に関しては断然ベトナムが多くなっている。

この留学ブームに伴って、ベトナムにも留学エージェントが多くなってきている。彼らより長い経験を持つ日本の留学業界は、何らかのノウハウや付加価値を、日本以外の留学発展国に提供することも考えるべきだと思っている。

例えば私が行っている日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)の研修などの活動も、彼らのいいロールモデルになると思う。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking



韓国でジュニア留学激減

日本以上に子供に対しての教育熱が高い韓国では、英語の早期教育にも熱心だ。

日本では来年度から小学校における英語の授業が始まるが、韓国では90年代から行われている。

また、韓国では大手企業に入社するには、TOEIC900点以上の英語力があるのが望ましいと考える大学生も多くいる。(ちなみに日本の大学生の卒業時におけるTOEICの平均点は460ほどだそうだ)

そのような流れからか、韓国ではこの10年ほど小学生や中学生の子供を海外留学させる親がとても多くなっていた。

朝鮮日報によると2006年3万近くにもなっていたジュニア留学が、昨年は2万人以下になってしまったようだ。

記事では要因は金融危機や子供が現地生活に適応できないケースなどが多く、ブームが下火になってきたと分析している。

このジュニア留学の大幅な減少で韓国の留学エージェントの経営も厳しくなっているようで、記事の中で「大峙洞の留学予備校のK校長は、「留学業界の関係者たちは数年前から、顔を合わせれば口癖のように『大変だ』と言っていたが、今は皆『死にそうだ』と話す。不景気のせいで、留学希望者が減っているようだ」と語った。」とあった。

日本の留学エージェントもここ数年の留学生減少で、厳しい状況だが、韓国のエージェントはこの減少率を見るともっと厳しいのかもしれない。





記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking






セミナー案内「消費者ホットラインに寄せられた留学トラブル実例」

私が代表幹事をしている日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)は、以下のようにセミナーを行います。

───────────────────────────────────
≪NEW!≫ 11月のセミナーは 
         消費生活専門相談員が語る
         消費者ホットラインに寄せられた留学トラブル実例
───────────────────────────────────

国民生活センターに寄せられる「留学等斡旋サービス」のトラブル相談は年間数百件あるそうです。「留学をキャンセルしたら多額の取消料を請求された」「専門技術を学べるインターンだったのに、日本で聞いていた内容と違った」など。

そこで、実際にトラブル相談を受け、時には相談者と留学エージェントとの斡旋をされている専門家をお招きして、トラブル実例をお話しいただきます。そして、留学希望者を支援する留学カウンセラーはどのようなことがトラブルの原因になるのか、実例を見ながら考えてみたいと思います。

■講師: 石田緑氏((社)全国消費生活相談員協会 消費生活専門相談員)

■日時: 2010年11月17日(水)19:00〜20:30

■会場: 地球の歩き方 成功する留学 (新宿駅南口徒歩4分)
     〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル5階
     http://www.studyabroad.co.jp/desk/tyo_desk.html

■参加費: JACSAC正会員=JAOS認定留学カウンセラー:無料
      アソシエイト会員:  500円  
            一般: 1,000円

■定員: 30名 (定員になり次第締め切らせていただきます)

■申込方法: メールにてJACSAC(info@jacsac.org) まで
下記書式でお申し込みください。

(1)氏名 
(2)JACSAC会員番号(JAOSccの方はその認定番号、無い方は無記入)
(3)メールアドレス 
(4)勤務先
(5)日中連絡が取りやすい電話番号 
(6)懇親会参加の有無
(7)質問、疑問などもお書きください。可能な限りセミナーに反映します。

■申込締切: 2010年11月16日(火)

■懇親会:  セミナー終了後、懇親会を予定しています。
会員同士の情報交換やネットワーク作りのよい機会です。ぜひご参加ください。
講師も参加される予定です。参加費は3,000円程度。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JACSACの会員でない方も大歓迎なので是非興味がある方は参加してください。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking









米国ルース大使 日本からの留学を支援表明

11月1日のNHKニュースでルース駐日大使が留学促進のコメントが取り上げられていた。

曰く「アメリカのルース駐日大使は、アメリカに留学する日本の学生が減少傾向にあることから、アメリカ政府が留学を支援する仕組みを設ける考えを示し、今月開かれる日米首脳会談で議題の1つとして取り上げたいという意向を明らかにしました。」

今年に入っても米国大使館ではJAOSと共同主催でアメリカ留学のセミナーを全国の都市で行っている。

これは昔から考えたら画期的なことで、いかに米国政府が日本人留学生の減少に危機感を覚えているかの証であろう。

本当に日米首脳会談の議題になることを願っている。

該当のNHKニュース(動画も見れます)>>>



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




 | HOME |  »

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2010-11 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks