留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

米国大使館主催 シンポジウム 

年々日本人留学生が減る中、アメリカ政府も危機感を感じここ数年、この状態を脱するように本格的に動いています。

このイベントもその流れの中にあるものでしょうね。

明治大学、JAFSAとの共催で行われます。
JAOSも後援しています。詳細、申込下記です。

*****************************************
米国大使館 主催 シンポジウム・シリーズ 2011
日米教育交流の活性化をめざして

第1回 「米国高等教育の現状と日本のベストプラクティス−克服すべき課題は何か−」

近年、日本人の海外留学者数が極端に減少しています。特に米国への留学者数は、2009‐2010年に前年比約15%の減少となり、10年前の46,872人から比べて24,842人と、ほぼ半減しました。

この現象は、日本人の若者の「内向き志向」、大学入学適齢期人口の減少、就職難、米大学学費の高騰など、様々な要因が考えられますが、日本の将来にとって、また今後の日米関係にとって、極めて憂慮すべき状況です。

本シンポジウムでは、教育交流を活性化するために、日米の大学関係者が果たすべき役割について意見交換いたします。
是非、ご参集ください。

主 催:米国大使館
共 催:明治大学、特定非営利活動法人 JAFSA(国際教育交流協議会)
協 力:フルブライト・ジャパン(日米教育委員会)
後 援:独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)、社団法人 国立大学協会(申請中)、公立大学協会(申請中)、日本私立大学団体連合会(申請中)、一般社団法人 海外留学協議会(JAOS)
協 賛:財団法人 日本英語検定協会

1. 開催日時:2011年2月28日(月) 14:00〜17:00 (開場13:30、懇親会17:15より)

2. 開催場所:明治大学 リバティーホール
〒101-8301東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティタワー 1階
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

3. 対象: 主として大学関係者、学生の参加可(一般公開)

4. 参加費: 無料

5. 定員: 300名 (申込先着順)

6. 申込締切: 【2011年2月18日(金)】

7. 申込方法: 以下のリンクよりオンライン事前登録(申込)をお願いいたします。(申込受付先:JAFSA (国際教育交流協議会))
https://www.jafsa.org/modules/eguide/event.php?eid=42

8. プログラム ※使用言語:日本語および英語(双方同時通訳あり) 
(以下、敬称略)

13:30 開場

14:00 開会司会 高田 幸詩朗 / JAFSA (国際教育交流協議会) 事務局長

14:00 - 14:05 主催者挨拶 フィリップ・ホフマン / 米国大使館 広報・文化交流担当公使

14:05 - 14:30 基調講演 ロバート・ウォーターズ博士 / メリーランド大学
現在、フルブライト招聘研究員として、タイにおいてアメリカ高等教育の特徴について講義しているロバート・ウォーターズ博士が、アメリカにおける留学生の傾向、高騰する教育費や卒業後の就職の問題など、
アメリカ高等教育と留学の意義についてお話します。

14:30 - 15:30 事例紹介:日本の大学によるグッドプラクティス
堀江 未来 / 立命館大学 国際教育推進機構 准教授
山田 英貴 / 早稲田大学 国際部学生交流企画課 兼 留学センター
大六野 耕作 / 明治大学 政治経済学部 学部長

15:30 - 15:45 休憩

15:45 - 16:55 パネルディスカッションおよび質疑応答
モデレーター 小林 明 / 明治大学 国際日本学部 特任教授
ロバート・ウォーターズ博士および上記事例紹介者3名
氷見谷 直紀 / 文部科学省 高等教育局 高等教育企画課国際企画室長

16:55−17:00 閉会挨拶 勝 悦子 / 明治大学副学長 

17:15 懇親会
懇親会(参加費1000円)を開催します。是非、ご参加ください。 参加費は当日会場でお支払いください。

8. お問合せ
【内容に関するお問合せ】米国大使館 広報・文化交流部 TokyoPASCulture@state.gov

【申し込みに関するお問合せ】特定非営利活動法人JAFSA(国際教育交流協議会) info@jafsa.org (事務局代表アドレス)





記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking





オバマ大統領夫人も留学を応援

現在中国の国家主席がアメリカ訪問中だが、ミシェル・オバマ大統領夫人が19日にHoward大学で学生に留学の重要性を訴えた。

内容は2009年にオバマ大統領が中国を訪問した時の、中国政府と米中両国の留学を促進する両国間の声明を元にできた“100,000 Strong” initiativeという「アメリカ人学生10万人を2015年までに中国に留学させる」キャンペーンについてだが、彼女は次のように留学そのものの重要性を強調している。

ーーーーー以下NAFSAのサイトからーーーーーーーー

In encouraging all students to break out of their comfort zone and study abroad, she said,

…studying abroad isn’t just an important part of a well-rounded educational experience. It’s also becoming increasingly important for success in the modern global economy.
Getting ahead in today’s workplaces isn’t just about the skills you bring from the classroom.
It’s also about the experience you have with the world beyond our borders ― with people, and languages, and cultures that are very different from our own.

But let’s be clear: studying in countries like China is about so much more than just improving your own prospects in the global market.

The fact is, with every friendship you make, and every bond of trust you establish, you are shaping the image of America projected to the rest of the world. That is so important. So when you study abroad, you’re actually helping to make America stronger.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まったく同感だ。人道問題など政治的にまだ隔たりがある両国だが、未来志向でこのような思い切ったアプローチを実行するアメリカの凄さを感じる。また、それだけアメリカにとって中国が大きな存在となっているのであろう。

それにしても5年間で10万人の学生を中国に送る国の目標を作るというのは本当に凄いことだ。


“100,000 Strong” initiativeについて>>>


記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking



「留学業界と留学市場について」JACSAC勉強会

今週19日(水)に日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)の勉強会を行います。

テーマは「留学業界と留学市場について」です。
今回の講師は私が行います。

今日はその勉強会に使う資料の整理などをしていました。最新のデータも加えて現在留学の仕事をしている方だけでなく、これからそのような仕事をしたい方にとっても興味深いものになっているはずです。

特別にこのブログを読んでる方に当日の内容をお見せします。

1 留学市場動向
 ?世界の留学動向(International Student Mobility)
 ?日本の留学動向(インバウンド=受け入れ)
 ?日本人留学生の動向(アウトバウンド=送り出し)
 ?今後の日本人留学生の動向予測 
 ・高校生の海外大学進学
 ・大学生の在校中の留学(短期語学研修、1年間認定・交換留学)
 ・社会人留学(企業の海外研修、MBA、退職しての留学など)
 ・高校生&ジュニア留学

2 日本の留学業界(主に留学エージェントについて)
 ?留学斡旋ビジネス市場規模: 213億円(2006年)→132億円(2009年)
 ?留学エージェント業界図

3 留学カウンセラーというキャリア
 ?留学カウンセラーを求める機関のタイプ
 ?留学カウンセラーのキャリアパス
 ・留学カウンセリングを極める職人
 ・留学制度やプログラムなどを作るプロデューサー
 ・留学ビジネスの会社を興す起業家
 ・異文化コミュニケーションや心理学などの学問の道に進む学者(研究者)

4 自己研鑽の場

上記の内容で、1時間半参加者の方と話し合いながら勉強をしていきます。

まだ数人なら参加可能なので興味がある方は申し込んでください。
詳細は以下↓

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆1. 日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)1月勉強会

───────────────────────────────────
1月は・・・留学業界で働きたい、業界通になりたい人のための
『 留学業界と留学市場についての勉強会 』
───────────────────────────────────

JACSAC会員の中には、JAOS認定留学カウンセラーの資格を取得して、これから
留学関連の仕事に就きたいと思っている方も少なくないと思います。また、日
々の仕事に追われて、留学マーケットのことや業界の動きをよく知らないとい
う方もいらっしゃるでしょう。

少人数の勉強会の第2弾として、「留学業界で働きたい、業界通になりたい人
のための、留学業界と留学市場についての勉強会」を1月に開催します。

講師は、『こうすればなれる留学カウンセラー』(リーダーズノート刊)の著
者で、留学仕事人として活躍中の星野達彦JACSAC代表幹事が務めます。

・どういうところで留学カウンセラーとして働けるか
・留学業界ではどういう人を求めているか
・日本や世界の留学生の動向

など、留学市場のことから留学エージェントでの仕事の内容、就活のポイント
までをお話しします。

講師の話の後に、参加者からの質問や相談などにお答えしたいと思います。

======================================================================
■講師: 星野達彦
『こうすればなれる留学カウンセラー』著者
日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事

■日時: 2011年1月19日(水)19:00〜20:30
■会場: 一般社団法人JAOS 海外留学協議会
(東京都新宿区神楽坂6-35-1 教育センタービル2F)


■対象: これから留学業界で働きたい人、留学業界で働いている人

■参加費: JACSAC正会員=JAOS認定留学カウンセラー:無料
アソシエイト会員: 500円  
一般: 1,000円

■定員: 先着10名 (定員になり次第締め切らせていただきます)

■申込方法: メールにてJACSAC(info@jacsac.org)まで
下記書式でお申し込みください。
(1) 氏名
(2) JACSAC会員番号
(JAOSccの方はその認定番号、無い方は無記入)
(3) メールアドレス
(4) 職業、勤務先
(5) 日中連絡が取りやすい電話番号
(6) 質問、疑問などもお書きください。

■申込締切: 2011年1月18日(火)


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking







アメリカは留学生で$190億の経済効果!

昨年NAFSAが発表した統計によると2008-2009年にアメリカに留学している留学生による経済効果は$18.78億になるとのことだ。

1ドル85円として計算しても約1.6兆円!

実際は約70万人の留学生(帯同家族がいる場合はその費用)が授業料や生活費を消費した$225億であったが、今回の数字はそこからアメリカ政府や大学が拠出した奨学金や助成金の金額分20%を差し引いたものということだ。

それにしても1兆円を超える経済効果は凄い。この数字は全米でも5番目に大きいサービス産業になっているそうだ。

この経済効果も莫大だが、70万の留学生がアメリカで生活し、現地の人と交流をしながら学問や文化を学ぶことによる目に見えない様々な効果は、アメリカの底力の源になっているのかもしれない。




記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks