留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

留学奨学金情報

奨学金の情報が2つ出てきたのでまとめて紹介したい。

伊藤国際教育交流財団からの奨学金

■受付期間
2011年6月25日〜8月25日(2012年秋学期入学対象)

■対象
2012年秋学期入学(正確には2012年1月〜2012年12月まで)に海外の大学院の修士課程で学位を取得するために留学する日本人を対象

■支給内容
○生活費:月額18万円
○授業料:実費(年間300万円以内)
○旅費:往復支給
○期間:2年間

■募集人数
○プログラムA:7名程度
○プログラムB:3名程度
○MBA/LLM:7名程度

詳しくはこちら>>>


大和日英基金東北スコラーシップ(ブリティッシュ・カウンシル提携)

奨学生の対象は、英国の教育機関で一定期間学ぶことを希望する高卒以上の方で、東北地方、特に、宮城、福島、岩手の3県の、被害の大きかった地域からの応募を奨励します。現在英国で学んでいる東北地方出身の方で、英国で学業を継続するために資金面での支援を必要とする方からの応募も受け付けます。東北地方から、東北地方の復興と再生に貢献することを志す方の応募も歓迎します。

奨学金が支給されるのは2011年、2012年、2013年に開講される以下のコースです。
* 全教科における、大学学部または大学院レベルの学位取得目的のコース(大学進学準備コースや修士号準備コースなどを含む)
* 博士課程または博士号取得後の研究プログラム
* 大学や専門学校における職業訓練コース
* 英語コース(例:学業開始前の英語準備コースや語学学校の夏期コースなど)

助成額はケースごとに判断され、それぞれの学習計画に見合った学費、生活費、渡航費などが支給されます。奨学基金総額は25万ポンド(約3,375万円*)です。

* 1ポンド≒135円で換算

募集要項

■応募資格:
1. 高卒以上の、日本国籍の方、あるいは、日本に特別永住権のある方で、東北地方(青森、秋田、岩手、福島、宮城、山形)在住の方、あるいは、同地方出身の方
2. 2011年〜2013年に英国の教育機関で一定期間学ぶことを希望する方
3. 明確な目的を持ち、かつ経済的に困難な状況にある方
   ※給付を受けるためには、必ず英国の教育機関においてコースを履修する許可を得る必要があります。

■出願方法: ブリティッシュ・カウンシルWEBサイトから出願書類を
ダウンロードし、必要な内容を明記のうえ、郵送にて提出。

■出願先: ブリティッシュ・カウンシル 大和日英基金東北スコラーシップ係
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2

■応募締切: 2011年8月31日

今回の震災の被災者向けの奨学金はカナダ、オーストラリア、アメリカでも出てきているようだ。それについては正確な情報を入手したらまた発信していきたい。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




2011年NAFSAバンクーバー参加報告

前回紹介したバンクーバーでのICEF Workshopのあと6月初旬からNAFSAのコンベンションがバンクーバーのコンベンションセンターで開催された。

コンベンションセンター1

登録をするともらえるセット一式(セッションなどの簡単な内容紹介やスケジュールや展示会参加団体紹介など)

NAFSA登録後

NAFSA name tag

コンベンションの内容は年次総会、基調講演、100以上もあるワークショップやセッションとExpoといわれる展示会、そして社交などのためのイベントである。



NAFSAという団体やこのカンファレンスの特色については、今回JAFSAのメンバー校の一員として参加した大阪学院大学の熊井さんがうまくまとめておられるのでそれを参考にしてほしい。

大阪学院大学熊井さんのJASFSAサイト内でのNAFSAレポート>>>

今回、東北の震災と津波の件もあり日本に関する関心はとても高いものがあった。JAFSAが急遽企画した日本の大学の震災後の対応などを紹介するセッションは大入り満員で、私も参加できなかったほどだ。

JAFSAのサイト内でそのセッションのレポートがアップされているので、参考にしてほしい。

NAFSA2011・第63回年次大会 日本特別セッション>>>


数ある国際教育や留学に携わる業界人向けの国際イベントのなかで、やはりアメリカで教育を受け自分のキャリアの初期をアメリカ中心の留学にかかわってきた私としてはNAFSAは特別な存在だ。

ICEF Workshopバンクーバーに参加してきました

5月26日から3日間カナダのバンクーバーで行われたICEFのWorkshopに参加してきました。

ICEF YVR会場図

4月に参加したIALCは学校連盟自体が主催したWorkshopでしたが、今回のICEFはある意味業界専門のイベント屋さんが主催です。

何回かこのブログでも紹介していますが、留学エージェントと留学生を受け入れる語学学校、専門学校、大学などの学生募集担当者とのマッチングイベントで毎年春に東京でも開催されています。

東京のICEFとの一番の違いはその規模でした。

参加学校とエージェントともに100以上で東京の3倍ほどの規模でした。

ICEF YVR

エージェントも東京の場合はほぼ日本のエージェントだけですが、今回は日本からは私も含め3社のみ、世界各国から参加してきています。

場所柄、南米のエージェントが多かったですが中国のエージェントもたくさん来ていました。

初日は業界セミナーが何本かあり、私は2つのセミナーに出ました。

・Introduction to the American International Recruitment Council
これはAIRCという留学エージェントの認定制度を立ち上げた機関の説明のセミナーです。この期間は主に米国の大学が加盟していて、すでにこの2年で10社以上のエージェントが認可を受けています。
今後米国大学もエージェントとコミッションベースで契約をしていく流れの中で、AIRCの認可が一つの○適マークになる可能性もあります。

・The ICEF Agent Training Course (IATC)
これも以前ブログで紹介した、ICEFが作ったWebベースのAgentカウンセラー向け研修コースの説明のセミナーでした。

ICEFのAgent Traning CourseはIATCといいます。AUS政府のAgent Training Courseを作ったPier Onlineという会社がプラットフォームを作っています。内容の設計段階で多くのエージェントの意見を聞いて、それを反映させた内容になっています。
受講は無料ですが試験を有料になります。試験はオンラインでもICEF会場でも受験できます。

2日目からは学校担当者との商談会です。私はアメリカやカナダの学校を中心に15校ほどと話をしました。

次回はこの翌週に同じバンクーバーで行われたNAFSAについて報告します。

ICEFのプログラムについてはこちら>>>


記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking







JASSOの 「海外留学奨学金説明会」について

このところ奨学金の情報が多い。

本説明会は奨学金の調べ方や、体験者の話などとともにJASSOの奨学金についても詳しく聞ける。留学希望者にはとてもいい機会なので是非参加してほしい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)主催
「海外留学奨学金説明会」(参加無料・要予約)
http://www.jasso.go.jp/study_a/seminar.html

海外留学を考える時、まずクリアしなければならないのが費用の問題です。
留学にかかる費用はどのくらい?奨学金はある?
もらえるの、それとも借りるの?どんな手続きが必要?
奨学金については、早いうちから情報収集することが大切です。
この説明会に参加して、留学計画を具体化してみませんか。

【日時】
2011年6月25日(土)13:00〜14:30

【場所】
日本学生支援機構 東京国際交流館 プラザ平成 会議室1

【プログラム】(予定)
(1)奨学金の調べ方、日本学生支援機構の奨学金制度の説明
(2)体験談発表
(3)質疑応答

【ご予約・お問い合わせ先】
日本学生支援機構 留学生事業部 企画調査室 海外留学担当
電話: 03-5520-6111
ホームページ: http://www.jasso.go.jp/study_a/seminar.html
(専用予約フォームから予約できます)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*
独立行政法人 日本学生支援機構
留学生事業部 企画調査室 (遠藤・土屋)
TEL: 03-5520-6111  FAX:03-5520-6121
*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking



 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2011-06 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks