留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

英語留学や英語学習の転換期か?

今月初旬のフィリピン出張の目的の1つは、今話題のオンライン英語学習サービス(Skypeを利用してフィリピン人の先生と英会話をするサービス)の現状をつかむということだった。

以前から知っていた業界2位のぐんぐん英会話の谷口社長に頼んで、クラークにある彼らの2番目のコールセンターを視察させてもらった。


広大な敷地にあるウエアハウスの中にコールセンターはある


真新しい100以上の個別キュービクルが設置されている


研修用の部屋も用意されていた

ぐんぐんは昨年から利用者が急増して、マニラのコールセンターの増床が限界になり、このクラークに新たに先月にこのセンターをOpenして利用者に対応しているとのこと。
このセンターだけでも200名位ほどの先生が働いている。

最近は個人の利用者とともに学校や企業の利用者も増えていると聞き、そのサービスも韓国と同様に一般化する気配を感じた。

一方、これも私とかかわりがある英語学習サービスiKnow!で有名なセレゴ社が今月iKnow Liveという新しい商品を発表した。

英単語やセンテンスを効率よくネットやスマホで学習できるiKnow!にフィリピンオンライン英会話のサービスを付けたものだ。

この2つのサービスに共通するのは、「手軽で安価で実践的」ということで、まさしくこれは今まであった日本の英語学習ソリューションの弱点を突いたものだと言える。

これらのサービスが急増している現実を見ると、今後の日本人の英語学習の方法が大きく今後変わっていくだろうと思った。

そして英語留学も、これらのオンラインサービスとのブレンド化や現地に実際行くことで体験できる学習の強みなどをもっとアピールできる商品に代わってくるはずである。

留学事業コンサルタントとして、このトレンドを注意深くおっていきたい。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




English UKディレクター特別セミナー イギリス英語留学の現状とEnglish UKの活動

昨年11月にシンガポールで行われたEnglish UK(英国英語学校協会)の留学エージェント向けフェアの時に、久々にRichard Dayさんと再会した。

Richardさんはイギリスの英語学校業界の重鎮で、現在もEnglish in Chesterという学校を経営する傍ら、English UKのディレクター、TENというマーケティングコンソーシアムのコーディネーターなどの業界の活動を行っている。

彼とは10年以上前から親交があるのだが、このところなかなか日本に来る機会がなかったとのことだった。

私はすかさず「私がやっている日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)でセミナーをやってもらえないか?」と聞いてみた。というのも私はEnglish UKの協会としての様々な活動に興味があり、それを留学カウンセラーが知ることで、より深く、イギリスの英語学校や英語留学についての実情を知れると思ったからだ。

ということで、丁度久しぶりに日本に来る理由を探していたRichardさんも快諾してくれて、下記のような特別セミナーを開催する運びとなった。

−−−−−−−−−JACSAC特別セミナー情報−−−−−−−−−−−−−−−−−

ギリス英語学校協会(English UK)ディレクター特別セミナー イギリス英語留学の現状とEnglish UKの活動


毎年60万人以上の学生がイギリスで英語を勉強しています。
その数は世界中の国で英語留学をする人たちの約35%になると言われています。
それだけの数の英語留学生を受け入れるイギリスは、文化的な魅力はもちろんですが、やはり英語教育機関の品質が高く、また、マーケティングが優れているといってよいでしょう。

そのイギリス英語教育機関の品質管理や競合となる英語留学先の国に勝るマーケティングのために、イギリス英語学校協会(English UK)はとても大きな役割を果たしています。
English UKは、British Councilの認定を受ける450校の英語教育機関が加盟する協会で、協会内の学校の品質向上のためのトレーニングや、海外でのイギリス英語留学フェアの開催、そして毎年ロンドンで開催する世界最大規模の留学業界イベント「Study World」の主催などの活動を行っています。

この特別セミナーではEnglish UKのDirectorを務められるRichard Day氏をお招きして、「イギリス英語留学の現状」、「品質向上活動の内容」、「競合国を意識してのマーケティング活動」、最近話題になることが多い「学生ビザに関して」など、"イギリス留学の今"をお話しいただきます。

人気の英語留学先であるイギリスの受け入れ機関の代表者から、直接イギリス留学の現状やその魅力の秘密などを学べるよい機会ですので、皆様ふるってご参加ください。(通訳なしの英語によるセミナーになります)

講師: Mr. Richard Day

Director of English UK
Director of English in Chester Ltd
Member of Business English UK
Co-ordinator of The English Network (TEN)
On the Membership Committee of IALC
Chair of the English Language Promotions Committee

■日時:2012年3月28日(水)19:00〜20:30

■場所:アゴス・ジャパン 107教室
東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル
http://www.agos.co.jp/about/map/

■定員:25名(定員になり次第締め切らせていただきます)

■申込締切:3月27日(火)

■参加費:JACSAC正会員=JAOS認定留学カウンセラー:無料/アソシエイト会員:500円/一般:1,000円

■申込方法:こちらのページ最下部の申し込みフォームリンクよりお申し込みください。>>>


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

彼のようなプロフェッショナルからこのような内容の話を聞ける機会はまずないので、是非ふるって参加してほしい。



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking





これから来るフィリピンのクラークにある学校GS

1週間ほどフィリピンに出張してきた。

今回はマニラとクラークで学校視察、新たな学校設立候補地視察、Skype英会話のオフィスとコールセンターの視察などをした。

前回の訪問は昨年9月であったが、その後も日本からの英語留学生は増加傾向で、前年対比で2倍以上伸びている学校もあった。

以前は社会人が1-2週間の超短期で留学するケースが多かったが、最近は大学生が4週間やそれ以上留学するようになってきいる

また一般学生だけでなく企業の海外研修先としてフィリピンが選ばれるケースも増えている。


マニラのオルティガスにあるEIEN Powerは日本人に人気がある

今回はマニラの北の経済特区クラークにあるGlobal Standard(GS)という学校にも足を延ばした。

クラークは米軍基地の跡地に広大な経済特区を作ってあり、IBMなどグローバル企業のコールセンターなどが誘致されている。
その地区の街並みはまるでカリフォルニアのようだった。



今回視察したGSはそんな広大な敷地内にある、大きなキャンパスを持つ英語学校だ。プールはもちろんゴルフの練習場もある。



なんとこの学校の学生は現在全て韓国人。学生や親子が英語の勉強に来ている。

授業は韓国式で1日4時間がマンツーマン、3時間がグループで、その後スパルタクラスにはまだ授業があるハードなスケジュールだ。


マニラの学校より教室が大きい


広大な洗濯ルーム。すべてスタッフが洗濯してくれるのは韓国式。滞在はキャンパス内の寮になる。


学校のシャトルで街への送迎や小旅行に行く。小さな売店もある。


大きな食堂。もちろんメニューは韓国料理。試食したがおいしかった。

学校は基本的に全寮制で、生活は全てキャンパス内で賄えることになっている。今回は親子や社会人向けの寮に宿泊させてもらった。


部屋にはキッチン、テーブル、トイレ、シャワー、別途が完備していて快適だった。

このようにとても素晴らしい環境と施設を持ち、厳しいカリキュラムでしっかり勉強ができる学校だという印象を持った。

現在は400人すべて韓国人とのことで今後日本からも学生を積極的に受け入れていくことになった。
それに伴って、日本人向けのカリキュラムの導入、日本の食事メニューの追加、日本人スタッフの配置などを話し合った。

現在日本でこの学校の紹介はEIENが行っている。学校の詳細>>>

数百以上あると言われるフィリピンの学校の9割は韓国人経営だが、ロケーション、施設、カリキュラムがまともで日本人が行っても違和感がない学校は20校もないと言われている。

今回視察したGSは前述のような対応をすれば間違いなく、日本人にとっても人気の学校になるだろう。


韓国で日本食レストランも経営するオーナーのJasonさんと



記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking









 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2012-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks