留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

アメリカの日本人留学生数13.9%減

先日、アメリカにベースがある教育関連機関Institute of International Education (IIE)より、2008-9年度のアメリカにおける留学生の動向レポートが発表になっています。

毎年行われるSurveyの結果をまとめたIIE Open Doors 2009 Reportによると米国にいる留学生の国籍別内訳は以下のようになっています。

留学生総数:671,616人 (前年比8%増)
今回(2008-9年度)留学生増加は、1980-81以来、最大の伸び幅

留学生の出身国 (上位10カ国):
1位 インド
2位 中国
3位 韓国
4位 カナダ
5位 日本 29,264人 (前年比13.9%減)
6位 台湾
7位 メキシコ
8位 トルコ
9位 ベトナム
10位 サウジアラビア

前回4位だった日本は5位に転落。しかも前年度と比べて14%近い減少で、他の国の多くがアメリカへの留学生の数を増やしているのに、日本だけここ数年連続して数を落としているという結果になっています。

中国やインドは別としても日本以上に少子化が進む韓国などと比べると、以下に日本人の留学整数が減少しているかが如実にわかります。

因みに海外の教育機関に在籍するアメリカ人留学生総数は262,416人で前年比8.5%増になっています。

若者の海外離れ、巣篭もりなどがよく言われる昨今だが今後の日本の活力をになう人材育成の観点からも、どんどん留学に挑戦する若者が増えてほしいですね。




記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryugaku1.dtiblog.com/tb.php/128-5796fdf7

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks