留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

アメリカ留学セミナーでルース駐日米国大使がスピーチ

私も参加した「アメリカ留学セミナー(主催:米国大使館 / 一般社団法人JAOS海外留学協議会。協力:フルブライト・ジャパン(日米教育委員会) / (株) ベネッセコーポレーション)」についてアルクの留学ニュースでレポートが掲載されているのでそれを紹介したい。

ここ数年アメリカに留学する日本人留学生が大きく減少しているので、アメリカ政府としてもこのような啓蒙活動を積極的に開催するようになって来た。

大使まで出てきて熱心にスピーチをしてくれるほどの熱の入れようだ。JAOSとしても、このような動きをどんどん起こして日本からの留学を活性化させていきたい。 


−−−−以下、アルク留学ニュースより転載−−−−−−−−

3月2日(火)16時より、東京アメリカンセンターで、「アメリカ留学セミナー 日米併願〜」(米国大使館/一般社団法人JAOS海外留学協議会主催)が開催されました。平日の夕方の時間にも関わらず、高校の進路指導および国際交流担当の教員を中心に100名を超える教育関係者が参加しました。 
 
基調講演では、アメリカのTopスクールへの進学塾「Route H」のディレクターを務め、日米の大学進学事情に精通した、ベネッセコーポレーションの藤井雅徳氏より、最新の大学受験動向から米大学進学準備の方法まで、高校生の進路指導に役立つ興味深い話がなされました。

また、『東大よりハーバードに行こう!?』の著者で、13歳で渡米して海外の大学・大学院を渡り歩いた、ヒトメディア代表の森田正康氏からは、自身の体験や森田氏のもとに相談のあった学生の話などを踏まえて、アメリカの大学が日本の大学と違う特徴、メリットや入学から卒業までのタイムスケジュールについてお話しされました。

講演の後、2人のスピーカーに、フルブライト・ジャパン(日米教育委員会)のシニア留学情報アドバイザーの笹田千鶴氏が加わり、「日米併願について考える」パネルディスカッションが行われました。

授業料などお金の話、留学後の進路など、日米併願を考える上で重要な事項について、それぞれの見地から具体的な話が披露されました。

セミナーの終盤で、ジョン・V・ルース駐日米国大使が来場されて、スペシャルスピーチをされました。自分の家族の話などプライベートなことを交えて、高校生の海外留学、日米の教育交流が重要なテーマとしてとらえ、今後力を入れていくことなど、お話しされました。
会場の高校の先生に対して直接話しかけられ、スピーチの最後では質疑応答の時間も設けられました。

---------------------------------------


記事が参考になったと思う方は、ここをクリック→Blog Ranking










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryugaku1.dtiblog.com/tb.php/143-56a0f0f9

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks