留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

留学仕事人生い立ち(留学前)

このブログの本題のテーマに入る前に私(=留学仕事人)のプロフィールを3回に分けて紹介しよう。

第一回 留学前まで

・生まれは東京の府中、5歳までは親父の仕事の関係で埼玉、九州など10回近く引っ越す。
・5歳に東京都下の米軍基地の街に引っ越す
・親父は戦後すぐに学校で英語を学び、一時は通訳をやっていた
・ベンチャー精神旺盛な親父は基地の街で米兵相手に商売を始める。中古車販売→貿易→飲食店→コインランドリー(始めたのは1960年代で日本でまだ殆どこの商売をやっている人がいないときであった)→カメラ屋などなど
・地元の小学校はクラスに必ず1人はハーフの子がいた
・その子と良く基地の中に入った
・60年代に初めて食べたハンバーガーとピザのおいしさにたまげた。思わず「アメリカすげえ!」と思った。(小学校時代)
・中学は従兄弟がいた渋谷の公立中学に越境して2年から通った
・高校は制服が無い共学の都立高校を選ぶ
・バレー部に入り。スポーツに熱中。
・2年・3年の時は、運動会で応援団長・分団長を務める(各学年で4名のみ選ばれる)
・どうにか現役で都内の大学合格
・体育会のバレー部に所属。3年次に主将を務める。
・クラブ引退まじかからDiscoにはまる
・80年前後Discoの常連として通い続けソウルダンスの腕を上げる
・ダンスのコンテストなどに出る(最高3位入賞)
・就職活動は大学推薦で有名百貨店と某大手お菓子メーカー
・両方とも青田刈りで重役面接まで行くが最終面接で落ちる
・就職情報誌で見つけた神田にあった紳士高級服地の問屋に就職
・留学のため10ヶ月で退職

このように、今流行の第二新卒パターンを25年以上前にやってました。
バレーボールとソウルダンスは相当やったのでかなりの腕前になりました。これが留学で凄く使えたね。ではその話は次回。

コメント

たどり着きました〜

こんにちは。
グローバルキャリアゲート〜いろいろとリンクしてこちらまで、たどり着きました。
「留学仕事人〜生い立ち」から「留学後」まで拝見させていただき
やっぱり、バックグラウンドにはご両親の影響があるんですね!
納得してしまいました。

今日は通常の仕事とは別件でキャリアの仕事をしています。

また、伺がわせていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryugaku1.dtiblog.com/tb.php/2-b0efe8d1

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks