留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

海外留学先激安スクールの危うさ

私のネットワークの1人でカリフォルニア州立大学に勤める友人から情報が届いた。

LAにある激安英語学校がビザの問題で移民局から査察を受けている
。この激安学校は、一般の学校の約半額の授業料で多くの学生を集めていた。
今回問題になったのは、入学は認めていたが、多くの学生が授業に出ていないことである。

つまり学生ビザのステータスだけをお金で買うような行為をさせていたという疑いがあるということである。

アメリカに住みたい外国人は多い、ただ合法的にすむためには、滞在の目的に合わせたビザが必要で、労働ビザなどは取得がとても難しいので、長期滞在の場合、学生として滞在するのが一番ハードルが低い。当然学生として滞在するためには、フルタイムで学校に行き授業を受ける必要がある。
この手の学校は、学生が学校に来なくても、授業料だけもらい学生としてのステータスを与えているのだ。

最近、LA、ニューヨーク、ロンドンなどで激安の学校が多くなってきている。一般の授業料の半額から1/3ほどの学校もある

この手の学校の特色
・学校の回転数を多くする=午前、午後、夕方、夜シフトの授業
・1クラスの人数が多目(15人から20人)(通常平均12人程度)
・施設が古い、また不十分

ビジネスにマジックはない。激安にはそれなりの理由があるはず、それをしっかり把握して、この手の学校の紹介や問い合わせ対応をすべきである。

学校ビジネスの3大経費は:
1 場所代(学校の校舎や施設)
2 人件費(先生や教務スタッフ)
3 マーケティング費用(学生募集活動費用、販促物、留学エージェントへのコミッションなど)

激安校は昔からあった、ただ以前は、ローカルで細々とローカルの学生向けにやっていた、知る人ぞ知るような存在だった。最近は、安いのに経費をかけてオフショア(海外)でのマーケティングを大々的にやり、留学エージェント回りをして、留学雑誌などに広告まで打っている。ある学校は薄利多売で1000人規模の学生を抱えている。

留学生側も、別に学校の施設や先生の質など気にしなく、安ければいいというニーズは少なからずある。はじめからビザだけの目的で激安校を選ぶ輩もいるのも事実だ。

このような傾向は業界にとっても学生にとっても、決していいものではないと思う。

留学カウンセラーは、良くこのような背景を把握することが望まれる。

以下に今回のケースに関しての情報をつけておく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
The owner of the Concord English Language Center and International College for English Studies in Los Angeles, CA, both SEVP-certified schools, is under investigation for visa fraud. The current F-1 students at those schools are seeking to transfer to another SEVP-certified school. However, the academic records for these students have been seized as evidence.

This broadcast message is to allow an exception to the regulatory provisions that the student provides transcripts and that a school authority determines that the “prospective student’s qualifications meet all standards for admission” [8 CFR 214.3(k)(2) and (3)]. SEVP-schools may waive the need for these students to provide transcripts and conditionally accept these students, pending further assessment for a period of up to six months. Your school must still determine that the student has sufficient financial resources.

If your school decides to accept a current F-1 student from one of these two schools, a DSO at your school may contact the SEVIS Help Desk at (800) 892-4829. The SEVIS Help Desk will help effect the transfer from the current school to your school. Once your school has the student’s record, you will not need to make any special annotations to show that this is a student from one of the affected schools. This information will show on the Transfer History page (SEVIS Release 5.8).

If a student cannot establish that he or she can meet the requirements for the program into which he or she was conditionally admitted, the student will have to do one of the following: change to a more appropriate program at your school; transfer to a more appropriate program at another school; depart the United States; or take other steps to maintain legal status. This exception applies only to students transferring from one of these two schools.

コメント

最近アメリカに留学してきました!

留学最初は本当に緊張しましたが今考えると本当に留学っていいものですよね!なんだか色々思い出してコメントしてしまいました!また遊びにきますね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryugaku1.dtiblog.com/tb.php/26-12e112bb

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks