留学&キャリアとしての留学カウンセラー

留学の全てを知る留学仕事人の得する留学情報、業界動向、留学カウンセラーになるためのノウハウ等の解説

フィリピン留学の今後

日本でフィリピン英語留学が注目を集め出してから、1年ちょっとたった。

日本でもフィリピン留学を扱うエージェントはどんどん増え、昨年のフィリピン政府観光局主催のフィリピン留学フェアは大勢の人が参加した。

NHKやAERAなどの日本のメディアだけでなく英国の留学業界誌のStudy Travel Magazineにもフィリピン留学のことが取り上げられた。

5年以上前から、フィリピン留学の可能性を信じて、日本に紹介してきた自分としてはこのような動きはとてもうれしく思っている。

一方、まだフィリピン留学を勝手な先入観で否定する人たちもいる。

「危ない」「ちゃんとした英語が学べない」などなど。
これらのコメントは消費者を馬鹿にしたコメントだ。実際、この10年で韓国人を含め何十万人以上の学生や社会人が、フィリピン留学をしている。

情報の流布が瞬時にできるこの時代に、本当に彼らが言うような粗悪品なら、10年も生き残れるはずはないのだ。

25年以上の業界経験の中で、欧米やアジアの600以上の学校を視察し、実際多くの学生を留学させ、彼らのフィードバックを知っている、目利きの私が見てその可能性を指摘したのは、勝手なイメージだけで、批評をしているものと重みが違うはずだ。

今週1週間ほど、フィリピンに出張する。
今回はマニラとセブに行く。

マニラではフィリピンの英語学校で協会を作るアドバイスをする。
また最近開校した、次世代の学校も再度視察する予定だ。



フィリピンの英語学校業界も、学校間の競争だけでなく業界としてより品質ををコントロールすることが必要なフエーズになってきていると思し、マーケティングもAllフィリピンでやっていく必要がある。

まだまだ日本人と韓国人マーケットだけで考えている学校は多いが、欧米や南米にも目を向けて、フィリピン留学の魅力を発信する段階に来ていると思っている。

そのためにも私としては様々なアドバイスを今後もしていきたいと思っている。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

留学仕事人

留学仕事人

留学プロデューサーとも呼ばれる。

「こうすればなれる留学カウンセラー」(リーダーズノート社刊)の著者

留学業界20年以上。世界の学校500校以上を視察。海外の業界紙や国際会議で日本の留学事情を発信している留学仕事人。日本だけでなく海外の留学業界事情にも精通。

何故か音楽も都市もソウル好き。往年のソウルダンサー。最近はサイクリングがマイブーム。愛車はコペン。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks